美容院が求人募集するには

人は平均すると二か月から半年のペースで美容院や床屋を利用します。

そのため美容師は仕事に困ることのない安定した職種ですが、その分忙しくて人手が足りないという事態に陥りがちです。顧客が女性の場合、美容師の腕前にもよりますが、カットを終えるまでに一時間程度かかります。

顧客を何人か掛け持ちして同時進行で行っても、美容師一人でさばくことのできる人数には限界があります。そのため求人募集をかける美容院が少なくありませんが、どのように募集すれば効果的なのでしょうか。求人募集の手段としてよく使われるのが、新聞やフリーペーパーなどの広告欄です。

この宣伝方法の長所は高い拡散性です。特に無料で配られるフリーペーパーは、新聞などの有料のものよりも多くの人に読んでもらえます。しかし、使用できるスペースに限りがあるため、美容院の特徴を十分に伝えられない場合が多いです。

また、美容師の仕事に就けるのは資格を持った人だけなので、資格を持たない人も含まれる不特定多数の人に向けて広告を出すのはあまり効果的ではありません。次に有効とされているのが、お店のウェブページを使って求人を呼び掛ける方法です。

広告欄のようにスペースに限度がないため、美容院の特徴や魅力を余すことなく掲載できますし、福利厚生や求めている人材についても詳しく記述することができます。ウェブページを用いるデメリットは、サイトの維持費がかかることです。掲載後は一切お金がかからない広告の宣伝とは対照的で、ウェブページが存在する限り費用がかかってしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *