大阪の美容学校の昼間制と通信制について

大阪の美容学校には昼間制や夜間制、通信制があります。

昼間だと2年の通学で一定の基準を満たすことで国家試験が受けられます。通信は3年間学んでから、基準を満たすことで試験に挑戦出来ます。学費は通信の方が安く大体は昼間の3分の1または4分の1程度に抑えられます。昼間だと学科と実習あわせて1400時間以上の履修が必要で、通信は3年間で働いている時は300時間以上で、働いてない場合は600時間以上で卒業出来ます。

どちらの大阪美容学校に通った方が資格を取得しやすいかは、やはり昼間の方です。週5日の授業の殆どは国家試験対策で、専門講師が指導してくれるので十分な技術や知識が得やすいです。通信だと多くの学生は昼間はサロンなどで働いていて、試験勉強は空いた時間や300時間という限られた授業内で集中して学ぶ必要があります。試験に合格してからサロンへ移行すると、通信で働いている経験がある人の技術レベルは、昼間に通っていた人よりもかなりレベルが高いことが多いです。

大阪の美容学校に通う場合でも、現場で技術を学びなら試験対策が出来る通信の方が卒業後に、即戦力として早く活躍出来て有利になりやすいとはいえます。ただ、自宅での勉強が主になって同期や友人なども作りにくい環境なので、職場以外での交友関係に多少は影響が出ます。どちらが良いかは個人によって異なり、有名なサロンだと通信制の卒業生だと採用を控えていることもあります。就職先に希望がある時は、事前にサロンの採用状況も調査しておいた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *