大阪にある美容専門学校の違い

大阪にはいくつもの美容専門学校がありますが、認可校と無認可校の2つのタイプがあることは知らない人も少なくはありません。

認可校は一定の基準を満たしていることを公的に認められているところで、無認可校はそうではないところを指します。美容専門学校の場合、私立は都道府県知事、公立は教育委員会、国立は文部科学大臣が許可を出しています。無認可校は公的な認可を受けていないために、法的な拘束力もありません。

大阪にある美容専門学校の中で、認可校を選ぶメリットとしては、日本学生選手権水泳競技大会による奨学金を受ける事が出来ます。大阪には独自の奨学金制度を設けているところもあるため、必ずしも日本学生支援機構の奨学金制度を利用しなければならないというわけではありません。いずれにしても、奨学金制度を利用するときには条件を満たす必要があるため、事前に確認をすることが大切になってくるでしょう。

学生はそうではない人に比べて、お得に公的な施設や交通機関を利用することができる割引があります。この制度のことを学割と言いますが、学割を利用することができるのは、認可校の生徒だけです。

認可校の生徒であれば、通学定期券を利用したり、学割を利用して様々な施設を利用することが出来ますが、無認可校の生徒の場合はその割引はききません。学校に通う時にバスや電車を利用するという場合には、交通費に大きな違いが出てきますので、チェックしておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *